みんなは大丈夫?ついやってしまう美容に悪い習慣ワースト3!

運動する習慣が全くない

学生の頃は、部活動や体育の授業があったので、定期的に運動をしていたと思います。ですが、社会人になると、運動する時間が無くなる傾向にあります。美容には、運動は必要不可欠です。運動することによって、血行促進され、くすみやクマを解消でき、透明感のある明るい肌になります。

社会人になってから定期的に運動することは大変ですが、エレベーターやエスカレーターの使用を控えたり、近所の移動は自転車にしたりして、体を動かすことを日頃から意識しましょう。

お腹いっぱいになるまで食べてしまう

食事の際、お腹いっぱいになるまで食べてしまう人は美容によくありません。この習慣は、内臓にとても負担が掛かってしまい、疲れやすい体になってしまいます。また、太ってしまうことはもちろんのこと、老化が速く進んでしまいますので、昔から言われている「腹八分目」に抑える習慣を身に付けましょう。

食事に関して言うと、就寝前の食事にも気を付けて下さい。寝る前に食事をしてしまうと、睡眠の質が悪くなり、美容面に悪影響が出てしまいますので、就寝3時間前には食事を終えておきましょう。

ストレスを溜めやすい性格

誰しもが、ストレスを抱えて生きていると思います。ただ、ストレスを発散する方法を身に付けていれば問題ありません。問題なのは、ストレスの発散方法が分からず、溜めこんでしまう性格の人です。心が穏やかでなかったら、外見にも出てしまうので、ストレスは美容に大敵です。カラオケやDVD鑑賞など自分にあったストレス発散方法を見つけて、ストレスを溜めないようにしましょう。

品川美容外科の死亡まとめサイト