冷え込む冬場を乗り切るためのスキンケアをしましょう

乾燥する時期だから…

冬は湿度が低く、空気も乾燥するので、他の季節以上にスキンケアに気を付けなくてはいけません。化粧水で潤いを与えることはもちろん大切ですが、人間の肌には乾燥を防ぐための自前の保湿成分が既にありますよね。それが、皮脂です。皮脂は顔のテカリの原因ですし、毛穴を詰まらせてニキビを作ってしまいますが、ある程度の皮脂は健やかな肌を守るためには必要なんですよね。だから、洗顔の時には洗いすぎには注意してくださいね。若いころならまだしも、40代以降の女性にとっては、皮脂も保湿成分として重要です。洗顔をする時には熱いお湯を使うと、肌にとっては刺激になってしまいます。冷たくてもダメなので、肌をいたわる為にぬるま湯を使いましょう。ぬるま湯の他には特に何もいりませんが、どうしても洗顔フォームが使いたい場合は、小鼻とおでこだけにしておいた方が無難です。

洗顔の後はどうするの?

洗顔をした後は、必ず保湿を行います。肌になじみやすいヒト型セラミドやヒアルロン酸、プロテオグリカンなどが配合されているものを使いましょう。化粧水の後で乳液を塗り、そして美容クリームという流れでスキンケアをしていけば充分ですが、面倒な場合はオールインワン化粧品でも構いません。冬場はこれらの化粧品は冷たく冷えているので、肌につける前に手の温度で少し温めておいた方がいいですよ。体を温める半身浴や、ジンジャーティーを生活に取り入れて、血行を良くするように心がけておきましょう。

品川美容外科の2chについて詳しく